膝・関節の痛み

  • 関節痛に悩んでいる
  • 膝が痛くて歩くのがツライ
  • 肘が痛むので日常生活に支障がある
  • 肩の関節が痛むのでうでが動かしにくい
  • 普段からデスクワークで手を使用する仕事をしている

関節痛の方に多い職業

デスクワーク肘や肩といった関節が痛くなる方の多くは指先の仕事する人が多く、パソコンやデスクワークをしている方やピアノ等の楽器を演奏してる人が多い印象です。

また、テニス等のスポーツしてる方も手首や足首・膝などにも負担がかかることがある為、痛める方が多いですね。

施術後は必ず、再び痛めてしまわないように”痛みにくい”動かし方等もお伝えしていますので、日常生活での疑問等もお気軽にお聞きください。

慢性的なの膝痛みがある方へ

膝の確認慢性的なの膝痛みがある方は、変形性膝関節症のケースが多い印象です。
膝関節症の方は、膝を曲げると痛みが出るので、歩き始めも痛みます。

当院にお越しになられたお客様の中でも
「正座ができるようになりたい」
と言われる方が多くそういったお悩みにも当院は適切な方法で改善に導き、正座ができるようになるほどまで膝が良くなられた方も多くいらっしゃいます。

伸ばしきる巷には、一生懸命ひざを曲げようとしたり、太ももの前側を緩めてなんとかしようとする施術者の方もいますが、そういった方法は、少々決め手に欠けていると僕は考えています。

最初に伸ばしきる方向に動かせるように施術を行う方が、膝を曲げやすくなり、正座がしやすくなります。

ですので、意匠鍼灸・整体イワサコでは、すぐに膝を曲げようとするのではなく、膝をしっかり伸ばせるような状態に整えてから、膝を曲げる動きがスムーズにできるように促す施術を行っています。

正座ができるようになった方の話

院長:岩逧ご高齢で関節の痛みが強い方は、関節が固まってしまってるのを無理に動かそうとすると痛みも出るので、過去に一度お断りしたことがありました。

しかし
「それでも正座がしたい、諦めたくない」
といった”熱い気持ち”を持った方だったので、
「じゃあやろうか、一緒に頑張りましょう」
と、お気持ちに応える事にしました。

ご高齢の方慢性的な膝の痛みは、痛みがなくなるまで期間を要するので根気も必要になります。
この方は70歳くらいでしたので、無理もできないですし心配な気持ちから、最初はお断りしてたのですが、しっかりとお家でのケアやトレーニングも続けてくださったので、予想していたよりも早く、正座ができるようになりました。

ご希望を叶えるには、僕の技術だけではなく、必ずお客様ご自身の「良くしたい!」という気持ちが大きく関わってきます。

治療の際には同じ方向を向いて、一緒に頑張っていきたいと思いながら、日々施術にあたらせていただいています。