腰の痛み

  • 腰が痛くて物が持てない
  • 原因が分からない腰の痛みで長年悩んでいる
  • 動くのが億劫で寝たきりにならないか不安
  • 長距離ドライバーで座っている時間が長い
  • デスクワークで猫背になりやすい

腰痛で困っている人はどんな人が多い?

施術風景腰の痛みでお悩みの方は、「何年来の腰痛」や「原因が分からない腰痛」といった慢性的な状態の方が多いです。

真摯に対応しますこういった方の多くの場合は、マッサージ屋さん等で”腰揉んで終わり”といった、その場しのぎの施術に頼って、より悪い状態で慢性化していくことになってしまいます。

腰痛の場合は原因にもよりますが、基本的に揉んではいけません。
また、温める処置もありますが、温めすぎるとろくな事にならないので、注意が必要です。

どんな仕事の人が腰痛になりやすいのか

腰が痛い腰痛になりやすい方の傾向でもあるのですが、長距離のトラックやバスの運転手さん・デスクワークで座りっぱなしの人が多く腰痛になりやすいと思います。

あとは「ぎっくり腰」になった後にケアしていない人が多い印象です。

長時間座り続けるのが良くない理由

骨盤の後傾例えば、椅子に浅く腰かけてる人でいうと、状態として骨盤が後傾します。
そういった状態で長時間いると、骨盤が後傾し背中の筋などが下に引っ張られて腰の筋肉が緊張た状態になり、お尻の筋肉が硬くなります。
意外に思われるかもしれないですが、実は臀部(お尻)の筋肉が硬くなると腰痛の原因になりやすいです。

そういった要因で腰痛が引き起こされるので、意匠鍼灸・整体イワサコでは臀部や腿の筋肉を緩めてから股関節・骨盤を調整する事で腰痛の状態を解消に導きます。
骨盤は後傾してもいいけど前傾(反り腰)も出来ないといけません。
前も後ろも出来るようになって初めて正常です。

内腿の筋肉を緩める長距離ドライバーの方やデスクワークの方は、骨盤の傾きが後傾して固まる方が多いから反り腰がしにくくなっているので、施術を受けたらこしまわりもズムーズに動かせるようになり、
「腰が痛くなくなった」
「腰が軽い!動かしやすくなった」
と実感いただくことも多いです。

ゴルフで痛めた方の話

ゴルフで腰をひねったサラリーマンの方は付き合いのゴルフに行かれることもあるかと思います。
普段運動不足だと、ゴルフで腰をひねった時に腰を痛めてしまいやすく、実際過去にこういったケースを対応したことがありました。

太腿の内側を緩めるこういった場合も骨盤を整えて脚の内腿の筋肉を緩めて、骨盤を立ちやすく(正しい状態になりやすく)します。

そうすると、痛みがとれるだけでなく腰痛が出にくくなるので安心してゴルフが出来るようになると思います。
痛みを出にくくしないと、その場しのぎになってしまいますよね。
この方は無事にゴルフ出来るようになりました。

昔、ゴルフ場の併設してる整骨院で働いてたので、プロゴルファーの方の施術経験もあります。
腰が痛いけど試合に出ないといけないという状況だったので、骨盤矯正だけでなく、必要な筋肉を強化するケアも行いました。

抵抗を加えてピンポイントで動かすことで、骨盤の状態が戻りやすくなります。
ちょっと抵抗運動させると、それだけで骨盤が直ることもありますよ。

外的な力だけでなく、自分の力使うというのがとても大事です。
普段使ってない筋肉を意識させると、よりバランスが取れるようになります。

座りっぱなしの人は注意

良くない姿勢で長時間いる普段から座りっぱなしの方や、運動をほとんどしない人は、突然腰の痛みに襲われることがありますので注意が必要です。

今まで来られた方で、
「掃除をしていて腰が痛くなった」
「犬の散歩中に痛めてしまった」
「草むしりで痛めてしまった」
「洗濯を取り入れる時にぎっくり腰になった」
といった、突然腰痛になってしまわれた方のお話を伺うと、普段座った状態でいることが多く、運動不足の方が多い印象です。

骨盤整えいますこういったケースの方も、内腿を緩め、骨盤を整えて改善に導きます。
また、最初に行う、膝を立てる検査で歪みの状態を確認して、それに対して更にアプローチをしていきます。

運動が苦手な方でもできるようにお家でのストレッチもお伝えします。

腰の痛みがくり返さないよう、当院とお家、両方でケアしていけたらと考えております。